霊「私はいつまで若手 「博麗くんかわってく 「紫やんのベッドはま このベッドおかしいの 歯磨きから戻ってきた おかしいなぁ・・・こ 翌朝・・・霊「何で・ おかしいよ博