ログインすることで、フルサイズの画像を閲覧・コメントの投稿ができます。
ニボルマブの作用機序

ニボルマブの作用機序

投稿者:ことり さん
ニコニコ大百科記事素材です。 抗PD-1抗体「ニボルマブ」の作用メカニズムを表した図です。 リンパ球のPD-1に、がん細胞のPD-L1が結合すると、免疫活性が抑制されます。 ニボルマブは、PD-1に結合し、PD-L1との結合を阻害します。 活性化したリンパ球によって、がん細胞のアポトーシスが誘導されます。 2018年、研究・開発に貢献した本庶佑先生がノーベル生理学・医学賞を受賞しました。
2019年05月10日 16:10:16 投稿
登録タグ
はじめての方はアカウント新規登録へログイン画面へ
このイラストに関連するイラスト
2021年07月22日 23:16:43
2021年07月23日 19:19:06
2021年07月23日 23:18:06