ログインすることで、フルサイズの画像を閲覧・コメントの投稿ができます。
イムヤと二人っきりで鎮守府からこっそり抜け出して

イムヤと二人っきりで鎮…

投稿者:がおー@まどオンIN率↑ さん
近くの漁村付近を散歩して、堤防でぼんやり二人腰を下ろし、他愛の無い事を語り合っている時、今までくすくす笑いながら喋っていたイムヤが、ふと「このままどこかに行っちゃおうか」と言った。 言い出したイムヤのその顔はくすくすと微笑んでいるけど、目はどこか底なしの井戸の様に、底の無い空虚な空洞と、その空洞を埋めたがっている渇望があって、その目に映る僕を井戸の中に墜としこむかの様に、深い深い獰猛な闇が、すぐ目…
2017年03月12日 12:44:51 投稿
登録タグ
はじめての方はアカウント新規登録へログイン画面へ
このイラストに関連するイラスト
2022年06月26日 19:21:31
2021年07月27日 23:55:16
2017年03月06日 22:56:23