ログインすることで、フルサイズの画像を閲覧・コメントの投稿ができます。
秋雲先生と死の気配

秋雲先生と死の気配

投稿者:豚嶋 さん
2日目 自室の扉が開いた瞬間、秋雲はその闖入者が何者かを悟った。 夏のコミックマーケットに向けて執筆作業を行っていたのは1時間ほど前。 進捗は良好。締め切りは近いが、急な任務が入ってこなければ余裕を持って脱稿できる。そんな余裕もあって、彼女は息抜きがてらに落書きを楽しんでいた。 彼女の落書きはいつだって姉妹や友人、仲間や提督、鎮守府に勤務する人間を面白おかしく描いたものだった。出来上がった落書きを、同…
2015年07月19日 05:58:33 投稿
登録タグ
はじめての方はアカウント新規登録へログイン画面へ
このイラストに関連するイラスト
2015年12月23日 23:59:55
2021年12月08日 21:45:06
2021年11月20日 19:28:14