ログインすることで、フルサイズの画像を閲覧・コメントの投稿ができます。
ひょんなことから「ひょっとこ踊り」に挑戦することになった秦こころ

ひょんなことから「ひょ…

投稿者:kurogane さん
外の世界にある郷土芸能の一つ・ひょっとこ踊りに挑戦しようと、秦こころが赤い着物(&サラシ)に着替え、ひょっとこのお面を被ろうとしています。 ※ひょっとこ踊りとは、塩見永田地区に伝わる郷土芸能であり、塩見で眼科医をしていた橘公行が付近の青年たちに教えたのが始まりといわれている。主に、ひょっとこ・狐・おかめの面を付け、赤い着物に白い帯といった姿で笛や太鼓の音色に合わせて首や腰を振り、手足を滑稽に動かし…
2014年08月24日 21:47:08 投稿
登録タグ
はじめての方はアカウント新規登録へログイン画面へ
このイラストに関連するイラスト
2021年12月07日 20:41:24
2021年09月04日 20:25:31
2019年06月15日 11:54:44