ログインすることで、フルサイズの画像を閲覧・コメントの投稿ができます。
あてもなく逃げ回っていると、一羽の兎とであった

あてもなく逃げ回ってい…

投稿者:紅魔館警備兵 さん
手にはライフル。一瞬玉兎かと思ったが、よく見ると服装が違う。いったい誰なのか。聞くと地上の兎だという。幻想郷の妖怪ならと、何か食べさせてくれないかと頼むと、地上の妖怪兎は嫌そうな顔をする。しかし、何度か頼みこむと、渋々了承してくれた。そして私は、兎の後ろを黙ってついて行った。
2013年05月03日 19:08:23 投稿
登録タグ
はじめての方はアカウント新規登録へログイン画面へ
このイラストに関連するイラスト
2021年10月17日 00:08:37
2021年10月24日 20:24:51
2021年02月28日 12:30:27