ログインすることで、フルサイズの画像を閲覧・コメントの投稿ができます。
目蓋にまばゆさを感じて、鈍ったるいまどろみから、我は抜け出した。

目蓋にまばゆさを感じて…

投稿者:がおー@まどオンIN率↑ さん
戸からは光が零れている。朝が来たようだった。我は、今日も長い時を隔てる事なく、朝を迎えれた様だった。呻く様に、体を揺らすと、すぐ傍で「んん・・・」と寝ぼける様な声が聞こえた。その声の主は「」殿。故あって、我を居候させてくれている恩人だ。我は彼に抱きつきながら、彼の胸の中で寝ていた。始めは少し慣れなさがあったのだけど、もう彼の体温を感じながら寝ている事も慣れた。今では、彼の胸の中が我の寝床でもある…
2012年02月20日 22:58:26 投稿
登録タグ
はじめての方はアカウント新規登録へログイン画面へ
このイラストに関連するイラスト
2021年04月16日 00:00:23
2021年04月10日 22:07:21
2021年04月14日 19:44:50