ログインすることで、フルサイズの画像を閲覧・コメントの投稿ができます。
歌留多粉物語「こ」

歌留多粉物語「こ」

投稿者:から~ひよこ さん
こもりうた 越後の国の冬の山。米粒たちがならんで登っていた。 「白米は熊居ても食われまい。見つかるまい」 米から分かれたようなふわふわな白い雪がお米たちの姿を保護色にして護られ捕食されないことを歌っていた。そのとおり弥三郎(やさぶろう)と呼ばれる滝の近くでサルか何かの足もとをバサッととおりぬけたが見つからなかった。 雪につつまれた洞穴(ほらあな)は、ぼんぼりのようにほんのり明るい。中にはたくさんの…
2022年06月23日 18:01:21 投稿
登録タグ
はじめての方はアカウント新規登録へログイン画面へ
このイラストに関連するイラスト
2023年01月23日 21:09:11
2015年01月04日 12:32:58
2011年12月25日 11:09:29