ログインすることで、フルサイズの画像を閲覧・コメントの投稿ができます。
狂宴【深淵に臨む・第3章】

狂宴【深淵に臨む・第3章】

投稿者:紙装甲Mk-Ⅳ さん
猫の使い魔がチップスと並走し、その身体に食らいつく。相棒はそれを振り払い、互いに爪や牙での攻防を続けている。片や2匹の烏の使い魔は“依代”の方へ向かい、その周りを円を描くように飛びながら障壁を張っている。人質を保護しようという算段だろう。ひとまずそちらは後回しだ。手傷を負って動きが鈍っている五百旗頭さんの脅威度は低い。厄介なのは、やはり後ろに控えているあの女。このまま遠距離で撃ち合っていては一方的に…
2021年04月11日 20:43:00 投稿
登録タグ
はじめての方はアカウント新規登録へログイン画面へ
このイラストに関連するイラスト
2021年05月06日 20:43:41
2021年04月27日 13:27:39
2021年03月14日 15:38:54