ログインすることで、フルサイズの画像を閲覧・コメントの投稿ができます。
異界【深淵に臨む・第1章】

異界【深淵に臨む・第1章】

投稿者:紙装甲Mk-Ⅳ さん
「待て」駅を後にして線路を歩いていたあたしは、背後から唐突に声をかけられた。もしや駅員だろうか?足を止め、恐る恐る後ろを振り返ってみる。目を向けた先には、茶色のハットに黒いコートという、どう見ても鉄道の関係者とは思えない出で立ちの老人の姿があった。しかも片足がなく、杖をつきながらこちらへとゆっくり近づいてくる。「あの、あなたは…?」しばらくその場で硬直していたが、どうにか声を絞り出してあたしは問う…
2020年10月19日 00:51:51 投稿
登録タグ
はじめての方はアカウント新規登録へログイン画面へ
このイラストに関連するイラスト
2020年11月21日 20:48:36
2020年07月28日 04:03:19
2020年11月23日 22:01:03