ログインすることで、フルサイズの画像を閲覧・コメントの投稿ができます。
第二十三号の幻想入り

第二十三号の幻想入り

投稿者:ryosios さん
僕は仰向けに倒れたまま、大勢の河童にとり 囲まれていました。――檀那はお忘れなすったのですか?河童にも機械屋のいるということを。  ■誰もが彼を狂人だと決めつけ、はなから信じようとしなかっただけで――。じつのところ彼は、本当に河童に出会ったのかもしれません。
2011年01月10日 05:00:34 投稿
登録タグ
はじめての方はアカウント新規登録へログイン画面へ
このイラストに関連するイラスト
2020年07月10日 01:24:23
2020年07月10日 04:54:34
2020年07月07日 19:01:02